無理なく出来る所からやり始めています。例えばこまめに電気を消す。同じ商品であれば少しでも安価なお店で購入する。ちょっとした事ですが毎日の事なので習慣さえついてしまえば抵抗なく当たり前のように出来ます。慣れてくるとまた1つ増やしていくことが出来、初めはストレスに感じたりすることもやり続ける事によって自然に生活習慣となっているので知らない間に節約できています。それから家族に強制しないようにしています。私の行動をみて感じたことは言わずとも行動してくれています。それぞれが無理なく出来る方法で節約は実践した方がいいのではと思います。

 

私は、結婚するまで節約なんて皆無だと思っていました。しかし、結婚して子供が生まれお金の管理をしていくうちに何でこんなにお金がかかるんだろう、、と思うようになりました。そこで、いろいろな場面で節約を意識するようになったのです。私が一番節約で心がけていることは毎日買い物に行かないと言うことです。週末にまとめて買い物をする事で食費を抑えています。それに、毎日買い物に行くとアレもコレもと手に取ってしまい悲惨な事になるからです。毎日買い物に行くのも良いですがまとめて買って、今日は何を作ろうかな?と冷蔵庫を眺めるのも良いですよ。

 

節約で気を付けていることは、お金の流れを把握することです。携帯、公共料金、家賃に保険など様々な支払いがありますが、それらをきちんと把握し、食費やお小遣いにいくら使えるのかをきちんと計算して割り出すようにしています。使いすぎて赤字になることがないように、カードの支払いに使える金額も予め設定します。最初は窮屈に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばなんて事はありません。まずは必要なものを買って、残ったお金で何か欲しいものを買います。まだ欲しいものがあれば来月に買って、欲しいものがなければそのまま翌月に持ち越します。使おうと思えばすぐに使い切れるお金ですが、もしまの時のために少しずつでも貯めていきたいです。

 

日々の積み重ねが大事なので、こまめに使わない部屋の電灯を消す。出かける時はコンセントを抜く。テレビを視る時は家族で1台にして極力観たいチャンネルは合わせる。これからの暑い季節は日中出かける時は、遮光カーテンを閉めて直射日光を入れない。冷房は家族が同じ部屋に寝る。食費に関しては、家族が4人なので、無駄な食材にしないためにも、1週間の献立を決めておいて、スーパーの特売日に大袋をまとめて買い、分けて冷蔵庫に入れて置く。

 

節約てま気をつけていることは、とにかく無駄な出費を出さない。食費なら冷蔵庫の中が空になるくらいまで必死に買い物我慢する。買い物であっても、クレジットカードを使うときはその日のうちに同じ金額のお金を封筒に入れてしまって即現金化しています。あとは、ネットショッピングで、同じ商品でも、とにかくポイント還元率の高いところから買うのを心がけています。シャンプーなどのどこでも買えそうなものでも送料無料ならガソリン代が浮く上にポイントもどんどんたまるので。なので、だいたい、年間で30000円程のポイントは獲得出来ていてたすかっています。

 

野菜の端材を極力出さないようにする事と購入場所に注意しています。購入場所については、無人直売所>近隣の八百屋>スーパーという順に必要なものがある場合は無人直売所から先に確認しています。また端材については、順に使っていくと最後にどうにもならない量が余ったりするので、購入後すぐに調理内容別にコロッケ用の1セット・回鍋肉用の野菜セットなど、下処理を先にし冷凍することで半端に端材が出たりすることをすることを防いでいます。事前に全て処理しておくことで新鮮なうちに根菜の葉部分も食べれるようになりました。

 

はじめまして、おぐと申します。私はアルバイトで、病気で週3回しか働けないため、月5万円ほどの収入しかありません。実家でお金はたくさんは飛んでいかないですが、いくつか気をつけていることがあります。・iPhoneのアプリで支出管理をつけるこれで毎月出て行くお金が、どの項目が多くて、どれにいくら使っているのかわかります。以前は6万円以上しましたが、今月は4万円と節約できました。・お財布にお金を入れすぎない使ってしまうため、あえて入れません。・収入の4割を貯金する収入の6割以外は使わないと決めておけば、節約になります。以上になります。よろしくお願いします。

 

昼間に必要のない場所の電気は使わないようにしています。トイレに行く時も、お風呂掃除するときも、自然光を取り入れて電気はつけません。エアコンはある程度の時間がたったらエコモードに切り替えています。夏場は扇風機を併用し、28度に設定しています。待機電力ももったいないので、必要のないプラグは必ず抜いています。携帯電話の充電の回数が多かったのですが、今は充電が10%を切るまで充電しないようにしています。充電が終わればすぐにプラグを抜いています。

 

・週末はお金のことを細かく言わない。⇒主人の休みが土日なので、週末は大体家族で出かけたり、一週間分の食材のまとめ買いをしています。外出時の大まかな予算は決めて行くので、本当は主人に子供を見てもらっている間に一人で買い物をしたいのですが、主人が一人で二人の子供(小学二年生と未就園児)を見るのは大変なのと、家族がそれぞれ嗜好品を買いたがるので、なかなかそうもいきません。買い物中に次々とお菓子やお酒を運んで来られると、内心ハァ~とため息をついてしまいますが、週に一度くらいは好きな物を買わせてあげようと思い、他の食材を減らす等で調整しています。・お金がピンチの時は「お小遣い減らさせてよ!」ではなく、「今月はこういう理由でお金が厳しいから、○○円減らさせてもらえると助かるんだけどな。」と相談してみる。⇒お金の調整をしたい時は、必ず足りない理由といくら必要になるのかを具体的に主人に相談しています。毎日朝から晩まで仕事で疲れているので、端的にわかりやすく、上から目線で話さないように気をつけています。・毎月予算を立てる。また今後一年くらいの大体のイベントを把握する。・毎日毎月お金の心配は尽きませんが、「この時期はどこの家でも大変なはず!」と自分を奮い立たせる。また、節約上手な人のブログや雑誌の記事を読んで、情報収集する。

 

・節約気をつけていることは、車の使用ですね。たとえば、近所のコンビニに行く時、車を使用すると、距離が短いため、燃料が濃い時間で到着してしまうため燃費がすごく悪くなります。これを防ぐ為に、近場であれば、自転車を使うようにしています。これならば、燃費を気にすることなく、かつ健康的であり節約ができます。体がつらいという方は、電動自転車を使用すると良いですよ。私は、2007年からpanasonicの電動自転車を使用しており、らくらく節約しております。雨の日は近場でも車をしようしており節約と楽と両面楽しんでおります。

 

一番やっているのは、スーパーのチラシをまめにみることです。毎日毎日、よく似た特売のチラシが入ってきます。それを、隅々までみて、いつもより、本当に安いなと思うところのお店に買いに行くようにしています。ただ、うちは田舎なので、少しの商品を買うためだけにお店に行くとなると、今度は、ガソリン代がかかってしまいます。なので、特売もたくさん眼玉な商品があるときを選んで、大量に買い込んで、ストックをするようにします。あとは、電気代です。電気はこまめにけるようにしていますし、食器洗浄機はタイマーを使って、深夜の安くなる時間に動くように設定して寝ています。これは、友達に教えてもらい、活用しています。

 

通信費を抑えています。主人は仕事柄ネットをよく使うのでスマホにしましたが、私はずっとガラケーです。私の携帯代は月2000円ほど。そもそも電話をする相手は私の母親か主人で、家族間は無料のプランなので、このくらいの金額で納まります。正直、写真を撮る時とか、電車内でメールを打つのに携帯を出す時は、「恥ずかしいな」と思います。たまに仕事で会うおばあちゃんたちでさえ、スマホを使ってたりしますから(笑)でも毎月かかる通信費、これを月2000円に抑えるだけで年間の差はとても大きいです。ガラケーがなくなるまでは、使い続けようと思います。

 

節約のために、暑い日でも極力エアコンはつけないようにしています。夜も窓を開けて寝れば案外涼しいものですし、どうしても暑い時は扇風機をタイマーにして使用します。それでも熱帯夜は我慢しすぎるのも体に悪いのでクーラーをつけます。その時も、温度設定を28度と高めに設定することで電気代の節約につなげています。クーラーをつける時も必ずタイマーをセットしておき、うっかり朝までついていた!なんていうことがないように気をつけています。

 

私の節約で気を付けている事は食事です。食事は基本自炊なので、スーパーに買い物に行くのですが、同じ商品でも売っている場所によって金額が違うので、普段から買い物がなくても、ディスカウントなどと名前がついているお店や特売などの文字が目に入ったら覗くようにしています。そうすると曜日によっても値段が違うのが分かるようになり、A店は月曜日特売デー、B店は火曜日などと選別が出来るようになります。また店によって、特売に力を入れている商品も違います。この店は飲料が安いとか、ここは食料品が安いなどと違いも分かってくるので、買いたいものの選別、目的が出来るので余計なものを買わなくなってきます。一見面倒なようですが、一度サイクルが出来てしまえば、寧ろ買い物が楽になり、節約とともに時短にも一役買ってくれます。

 

私は3人の子供を持つ主婦をしているのですが、働き盛りの旦那と、育ち盛りの長男次男と、粉ミルクを飲んでいる末っ子がいるので、とにかく食費がかさみます。しかし、食べるものだけはひもじい思いをさせたくないので、なるべくは決められた食費分で、みんなが好物なメニューにしたり、栄養が片寄らないように気を付けています。そして、食材(特に野菜)は買い貯めし過ぎない事が一番大事かなと思います。特に野菜は使いきれなくて、結局腐らせてしまう事態になりかねないので、買い物をするなら長くて1週間分までを限度にして、買い貯めしています。もちろん光熱費等もなるべく使わないように節約しているのですが、無理のないように、ストレスにならないように節約生活を心がけています。

 

節約で気をつけていることは、なるべく安いものを買うように気をつけています。例えば、自動販売機の飲み物はコンビニと比べると高いので私は買いません。さらにコンビニの飲み物はメーカーは違うこともありますがほとんど同じ味、中身のものでも安いものがスーパーに売っていることがよくあります。あとはポイントカード。面倒かもしれませんが店ごとに1つずつ作って必ずレジで出しています。小まめな心がけで1ヶ月に5000円以上浮くこともあるのでおすすめです。

 

主婦が節約を考える時に飛びつくのは、ありとあらゆるところでもらえるポイントではないでしょうか。「今日はポイント10倍だからこのお店で買い物をする」なんて言って、たまりやすいお店に出かけがちです。でも、ついついそこで余計なものまで買いこんで、いらない出費をしてしまいがちです。私もポイントをためるのは大好きです。でも、余計な買い物をしていらないお金を使うよりは、と思って、期限が迫っているポイントを失効させることも少なくありません。ポイントは魅力的ですが、慎重にに付き合わないと、節約には逆効果ではないか、と考えています。

 

私が節約で1番気をつけている事は、ガス代です。プロパンガスのアパートに住んでいるので、都市ガスよりはるかに高いです。ガスの節約のために、ガスコンロは使っていません。卓上コンロを使っています。あまりガスを使わないように、一品の料理を多めに作り置きし、冷蔵庫に保管します。食べる分だけ電子レンジで温める様にしています。あとは、冬でもゴム手袋を使って、食器は水洗いにしています。シャワーの温度も38℃に設定して使っています。

 

生活用品を購入するときは、必要に迫られてから購入するのではなく、あらかじめ、「そろそろ必要になるリスト」を作っておき、チラシや店頭で特売されているタイミングで買うようにしています。また、お店によっては、割引クーポンが使えたり、ポイント増量キャンペーンがあるので、そういうときには、ひとつふたつ在庫として余分に購入しています。また、食材については、買いすぎを防ぐため、数日単位から一週間分の献立をある程度立てています。そうすることで、必要な野菜、お肉などを把握できるようになり、お得だからといって、不要な商品に手が出ることがなくなりました。

 

私が節約で気を付けていることは、無理をし過ぎないことです。節約生活を続けていると、成果が出るときも、出ないときも両方あります。予定外の出費があったり、予想外に収入が少なかったりと、毎日の生活には、小さな変動がたくさんあります。そういう時に、意地でも節約をしないと、とついつい前のめりになって、無理をしてしまうことがあります。これが何回も続くと、節約そのものが嫌になります。そうならないように、無理のない範囲での節約を心がけています。

 

私が節約で最も気を付けているものは、家電製品のコンセントの抜き差しです。まず私が節約をするようになったのは、友人の電気代と私の電気代に1000円から2000円の差があったからです。一人暮らしの電気代の1000円から2000円の差は意外と大きいものです。友人になぜ安いのかと聞くと使わない家電製品はコンセントを抜くようにしていると言っていました。もちろんそれだけでは、1000円以上の電気代の差がでることはないと思います。ただ不要なものにお金を費やしていると考える頭や生活が身に付くと言っていました。仕事中はもちろん帰宅した際も、電子レンジやスマートフォンの充電器、トースターほとんど使いません。コンセントを抜くことを意識していると、見ていないテレビや作業しながらのテレビのお風呂に入っている時の居間の電気など色々な無駄に気が付きます。今では友人との電気代は大差ありません。初心を忘れないためにもコンセントの抜き差しは気を付け続けてます。

 

まずは基本ですが、電気をこまめに消すということです。付けたり消したりが逆に電気料高くなると言われることがありますが普段の生活であればこまめに消した方が節約に繋がります。水道代に関しましても食器洗い乾燥機を取り入れて水道代の節約をしています。また太陽光発電を取り入れているので電気をたくさん使うもの(洗濯、乾燥機など)の使用タイミングも気をつけています。誤解されがちですが、現在電気は使うより売った方が割高になっています。なので電気が発電される昼間はあまり電気を使用せず夜に発電しなくなったタイミングで洗濯、乾燥機などを使用するようにしています。

 

電気の節約で気をつけていること。まず使わない電気はコンセントごと抜くようにしています。掃除機、扇風機、CDなど。携帯の充電もその都度コンセントから外しています。また、晴れている日は照明をつけずに生活をしています。ただ雨の日はつけます。暗くて仕事にならないので。あとは、テレビ、携帯、PCの画面の明るさを暗めに設定しています。最後に炊飯器をなくしました。ガスでご飯を炊くようにしているので、炊飯、保温とも使うことがなくなりました。

 

月並みですが光熱費については、未使用時の電化製品のコンセントを抜く、冷蔵庫はむやみに開閉しない、水道を出しっ放しにしないなどを実行しています。。これらを義務として考えると非常に窮屈でピリピリしてしまいますが、慣れてしまえばまるでゲームの感覚で楽しくなりますし、家族にも協力してもらいやすくなります。また、ネットショッピングを利用する機会が多いのですが、クリック一つで簡単に成立するからこそ、衝動買いはご法度です。最低でも3日は考えて、それでも気持ちが変わらなかった時に初めてクリックです。

 

まずは月々に支払っている固定費やネットの通信、ガス、電機などプランの見直し。案外プラン内容が現状と合っていない事が多い。ネットで請求書の明細が見れるものはネット利用にし、郵送費として引かれている費用をなくす。通信や携帯は2年くくりで乗り換えたほうが安くなる場合が多い。食費の節約は1〜2週間分をまとめて買い、買い物の回数を減らすと余計なものを買う機会がへる。あとお腹すいている時には買い物に行かない。

 

水道代の節約で気を付けていることは、歯磨きをする時や顔を洗うときは必要な時だけ水を出して、水を流しっぱなしにはしません。歯磨き後に口をゆすぐときはコップに水を溜めてそれでゆすぐようにしています。また、顔を洗う時も洗面器に水を溜めて洗い、最後だけ水道水を流して洗い流します。お風呂のシャワーも節水シャワーヘッドに交換しました。水圧は若干落ちたような気もしますが、支障が出るほどではなく、節水・節約につながっていると思います。

 

なるべく現金は持ち歩かないようにしています。常に財布の中は5000円までと決めています。これは休みの日でも、仕事の日でも同じです。自販機で缶コーヒーを購入するのをやめて、保冷・保温の効く水筒にコーヒー入れて持ち歩く様にしています。水筒はホームセンターや、イオンなどの量販店で1000円以下で買えるので、節約に繋がっています。水筒を持ち歩くとコンビニエンスストアにむやみに立ち寄ることもなくなり、のどが渇くたびに120円以上払ってドリンクを購入していたのですがそれがなくなりました。

 

節約で気を付けていることは、なんでもかんでも節約をしないという事です。節約=貧乏ではないと思うので、やっぱり楽しい事にはお金を使いメリハリをつけています。日々の生活では食費や日用品費の節約もしていますが、大好きなレジャーにはお金を使っています。家の中でも節約、外でも節約なら何にも楽しくないですよね。使う時には思いきり使う。この基本があるので毎日の節約は苦になりませんし、楽しく節約をしています。今を生きているのだから娯楽も必要です!

 

成果がわかりやすい光熱費の節約を心がけています。電気は夜、何回か消し忘れると3,000円位は簡単に上がります。水道代も、家族4人でシャワーを使わずため湯にしています。子どもたちに、節約できたお金で外食に行こう!と声をかけていると、請求書の金額を気にするようになりました。電気を消し忘れたって怒るよりも、家族みんなで楽しむ、継続して成果を出すっていうことを大切にしています。主人は照明を省エネタイプに替え、予算オーバーしても私がカリカリ怒らないように協力してくれます。

 

食事を作る時に、なるべく一度に大量に作って冷凍保存をすることで節約しています。食材のまとめ買いの方が安いですし、光熱費も節約できます。豚バラを焼きそば、回鍋肉、豚キムチなどで使いまわすことができるので、3品くらいを大量に作って一食ずつ冷ましてからラップで包んで冷凍庫に入れています。食べる時には電子レンジに入れるだけなので、手間も掛からずにとても気に入っています。1回作って、1カ月もつときもあります。

 

節約で手取り早いのは食費の見直しなのでスーパーで鶏肉などを買う時は部位で購入するのではなく精肉部に丸鶏を注文し自分で捌くようにしている。その際ガラなどでスープをとったり、切り落としや余分な脂はつくねハンバーグや水炊きに使用する。野菜を扱う時も徹底して無駄を出さない。ブロッコリーは芯の部分も周りの皮を落として食べる。人参も皮付きのまま煮込んだり揚げたりして食べる。オレンジなどの柑橘類の皮もシロップで煮てヨーグルトなどに添えて食べる。

 

安いからとたくさん物を買わないように気を付けているところです。安くてもたくさん買ってしまえば結局多くのお金を使ってしまうことになるので、節約にはならないと思います。必要なものを必要な分だけ買う、一つ買ったら一つ捨てるという覚悟で家の中の物の数を増やさないようにしています。物の数が増えるということはそれだけ無駄なものが増えるということ…。それは節約とは真逆のことだと思うので、できるだけシンプルに、必要最低限のものに囲まれて暮らすことが究極の節約だと思います。

 

節約で気を付けていることはやっぱり「少額のものだからといって買わない!」ということですね。少額の商品だってついつい気軽に買っていたら、つもりつもって大金にもなりますからね。ですから「コンビニでついつい…」も気をつけていますし、主人に関してはタバコをセーブするようになりました。タバコ代も結構高いものですから。主人に関しては、今すごく欲しいものもあるそうですし、「吸ったつもり貯金」としてタバコ代を節約して日々貯金に励んでいます。

 

節約で一番に気をつけていることは、何と言っても買い過ぎないという事です。売り出しやセールという言葉にとても弱いですが、食品の場合は特に、安いものを買いすぎて消費出来ないとすれば、それこそが無駄なのです。また半額などの割引商品にも心が揺れますが、元値を考えると、実は古くて割高ということもあり得ます。自分が消費出来るぶんを、その時々によく考えて購入する事が出費を抑え、節約することにつながるのです。日用品の安売りも定期的に行われますから、チラシを見て焦って買い物に飛び出さないようにすること。これが節約の第一歩だと思います。

 

私が節約で一番気をつけていることは無駄な買い物をなるべくしないことです。洋服でもインテリアでも自分に家族に一番使いやすかったり、ながく使えるものをよく考えてから買うようにしています。なので、昔はよくしていた衝動買いはしなくなりました。よく考えて家族で話し合って買うので満足感もあるし、長く使えるので、少し高くても節約になっていると思います。そして、毎日の食事の買い物は1週間分を献立を考えてまとめ買いしています。余計なものも買わなくなるし続いています。

 

節約のために、毎日家計簿をつけることにしています。家計簿をつけると、その日何にいくら使ったのかがわかり、無駄な買い物をしてしまったときは反省して今後に生かすことができますし、お得な買い物をしたときは自分をほめてあげられるので節約への達成感を感じられます。また、財布にあといくら残っているのかがわかり、次のお給料日までにどのくらいの配分で生活費を使っていけばよいのかがはっきりしやすいです。私は10日間で使う生活費の金額を決めていて、10日ごとにその目標を達成しているかしていないかをチェックしています。

 

○買取りを利用する…要らなくなったモノはすぐに捨てず、買取りに出してみる。また、タオル類などのいただきものはすぐに開封をせずに、すでに家にあるものならそのまま買取りに出す。ただし、買取り価格が1円にしかならない服の場合、使い捨て雑巾として家で使うこともある。歩いていてタダでもらったシャンプーの試供品やおまけの景品などにも値がつくことがある。○パンよりもごはんを食べる…パン1袋約100円。ごはん2kg約1,000円。

 

電気の節約に関してですが、我が家は電力会社とエコキュートに契約していますので、夜10時以降の電気料金が安くなります。これを利用して洗濯やスマートフォン等の充電を夜10時以降に行う様にしています。夏場の冷房しか使用しないのですが、エアコンの使用も極力夜10時以降に使用するようにしています。後は、使用しない電化製品は、コンセントから抜いています。水道に関しては、歯磨き等の時もこまめに水を止める様に注意しています。

 

財布に入っている現金は必要最低限。1ヶ月食費を旦那と2人で1万円以内におさえる。友達と遊ぶのは月1回。外食は月2回。電気代が昼間の料金が高いので、昼間はなにも使わない。10〜18時が一番高いので、朝は10時までに掃除洗濯をし、お昼ご飯は簡単なもの。さらに22時〜6時が一番安いので、そのときにたまっているドラマやテレビの録画をみています。また、冷蔵庫の冷気を逃さないため、中にカーテンのようにしています。買い物は何件かみてみて安いところをリサーチし、そこで少しでも安いものを購入するようにしています。

 

節約は楽しんですることを心がけています。生活のために必死になってしまうとどうしても卑屈になってしまうからです。毎日の生活の中で些細な事に節約を取り入れるようにしています。例えばもも肉より胸肉の方が安いけどおいしい料理ができる、と得した気分になれます。自分の中で、みじめな感じににならないようにしています。そんな必死になってまで、、と人に思われないようなちょこっとした節約が続けていけるポイントだと思います。

 

節約をするにあたって気を付けているところは、あまりに節約するばかりで、本来必要なものまで、節約してしまい生活に悪影響が出るところです。節約するにしても、最小限の生活をするためのものは、節約関係なく、買う必要があります。日常生活で無駄をいかになくしていくかが大事になってきます。日常生活を考えると、無駄が実に多いのが分かります。その日常生活の無駄をいかになくしていくかが、節約をしていく中でポイントとなっていきます。

 

 あまり自分で立てた目標にこだわり過ぎない事です。私がよく失敗していたのは「1週間必ず〇円以内でおさめる」など目標を立てると急な出費に対応できず、翌週から借り続けて結局赤字家計になっていまいやめてしまうこともあったので、そういう場合は「また来週頑張ればいいや」とか「予算プラス千円~二千円までならOK」など少し緩めに設定すると続くようになりました。余裕があれば毎月予備費をいくらか用意し、足りなくなったらそこから補充ようにすると他から借りなくていいので、やり繰りしやすくなって良かったです。

 

小学校低学年、高学年の子供がいます。一緒に自宅での節電などで節約の大切さを教えています。子供にもお金を稼ぐ大変さ、大切さを一生懸命私なりに教えていますが、その中で、子供に無理をさせたり、必要なものの我慢をさせることがないように気をつけています。あまりにも節約というと、本当に子供が必要なものがあるときに、親に買って欲しいと話せなくなってしまうのが困るからです。習い事も、本当にやりたいか、一時的なものなのかを子供とよく考え、本人がやりたい、どこまでやりたいか目標を決めた場合は、親にとって、必要ないと思っても、習い事に対しては、節約しないよう気をつけています。

 

節約において気をつけていることは買い物と食材の使い方です。買い物はまとめて1週間分買うよりも、1週間で2回から3回に分けて行ったほうが節約につながります。しかし、買い物に行くタイミングは食材がなくなってからというのが必須です。まとめ買いをしてしまうと使いきれなくて傷んだりして捨てなければならない食材が出てくるので、小まめに使い切ってから買い物がお勧めです。1週間分のメニューを考えることも大変だと思うので週に2回から3回がメニューを考える上でも楽かと思います。

 

一番節約出来る事はやはり光熱費です。その中でも水道と電気は誰でもよく利用するものなので常に意識して節約できるように心がけています。トイレは一回の流す水の出を少なめにしたり、お風呂の残り湯を使用したりしています。電気はとにかくつけっぱなしにはしない!!帰宅した際に玄関の明かりをそのままつけたままにしてる家がありますが誰もいてないところに何故つけたままにしておくのか?疑問があります。部屋でも誰もいないところの電気はつけない。なるべくおなじ部屋・リビングにいるなどして無駄を省く。テレビも興味のないものであればつけたままにせず、観たいときにつける。クーラーがいちばん電気代がかかりますが、よほどの暑さではないなら窓をあけて風通りをよくし、扇風機で調節しています。我慢も身体に悪いのでなるべくつけないということです。ちょっとしたことでも各々が意識をしながら日頃の積み重ねにより家計を少しでも楽にしていくのではないかと思います。

 

節約で私が気をつけていることはこまめに電気を消したり、水道を流しっぱなしにしない、お風呂の水を利用する、などのことです。あまり特別なことはしていませんが、こつこつと小さな事をすることが節約になっていくのではないかな、と思ったので、これらのことをしています。また、いらない買い物はしないようにする、少しでも安い物をまとめ買いをしておく、などのことも気をつけています。必ず必要となるティッシュペーパーなどは安く売っているときに買っておくことは少しでも節約になっているのではないかな、と思います。

 

節約で私が気を付けていることは、商品を見極めて買うということです。分かりやすく言うと、納得できる品質で安いものを見つけるということです。例えば以前は結構高い化粧品をシリーズで揃えて使っていたのですが、節約に目覚めてからはメーカーに拘らず良さそうな商品を見つけては試して、シリーズではなくそれぞれのアイテムでコレというものを見つけて使用しています。日用品もできる限りPB商品だったりパッケージがシンプルでお安いものに変えましたが、どれも品質に納得できるものばかりです。そうでないと使っていて不満を持ってしまったり、節約自体が嫌になってしまいそうだからです。

 

節約に興味があり、特に今は、節約できた分を小銭貯金するようにして、楽しみを増やしています。ただ、節約と言っても、いろいろあり、一番節約できそうな食費を節約できればと思って試みています。でも、仕事と家事、子育てを両立なので、できる限り子供との時間を作りたいので、一番安いスーパーを掛け持ちしたりするのではなく、一軒のスーパーで済ませています。節約節約ばかりで、帰宅が遅くなり、子供との時間が少なくなることがないよう気をつけています。

 

タバコを市販の紙巻きたばこからパイプタバコに変更しています。市販の紙巻きたばこは巻紙に燃焼剤が入っている事もあり吸い切るのが早い、吸っていなくても灰になってしまいます。その点パイプタバコにしたことで、ながらタバコの時などは無駄に灰になる事を防ぎ、また同じ分量の葉っぱでも5〜10倍近い喫煙時間を確保できるようになりました。結果1日2箱920円使用していたタバコ代が、3〜4日で1袋900〜1050円+初期投資の道具代(3000円程度)で収まっています。

 

私が特に気を付けていることは、無駄なものは絶対に買わないようにしていることです。必要なものは衝動買いせず、前もって必要なものはその時にメモに残すような形にしています。食品は特売日にまとめて購入して、できる限り安い価格で購入しています。家では節電に気を付けています。電気のつけっぱなしやエアコンの温度の設定温度などに気をつかっています。また、使っていない家電は、コンセントから抜いて待機電力がないようにしています。