妊婦 宅配弁当 妊娠の消費期限と賞味期限の違い
食べ物には、「消費期限」が記載されているもの、「賞味期限」が記載されているものがあります。消費期限は、お弁当、ケーキなど長持ちしない食品に表示してあります。開封していない状態で、食べても安全な期限が記載されています。期限を過ぎると品質が劣化してきますので、期限内に食べるべきです。賞味期限は、ハムやソーセージ、缶詰など、保存のきく食品に表示されています。開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限が記載されています。期限が過ぎても食べられないことはありませんが、味は低下しているでしょう。また一度開封したものは、上記の期限に関わらず早めに食べるようにするべきです。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠の食物アレルギーの子供用給食
近年、食物アレルギーの方が多くなり、小さな子供でも、とてもひどいアレルギーで、食事に気を付けている家族は、とても多いです。子供が通う小学校が、給食の場合、学校中の注意が必要です。子供は、自分の意志を主張する力が弱く、具合が悪くなっても、その緊急さが分からないなど、問題が多くあります。給食は献立が決まっています。この子のために、違う材料で作った料理を出してもらえるのか、また、それは何日の、何のメニューなのか、家族も、本人も、把握していることも大切です。隣の席の子供に、食べ物を勧められて、重症になった事例もあります。学校側の知識が重要です。もし、知識不足を感じるようなら、行政の助けを借りることも大事です。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠の食物アレルギーの経口免疫療法について
これまで、食物アレルギーの人は経口負荷試験で陽性と診断された場合には、アレルギーの原因となる食物を摂取することを避けるということによって対処されてきました。経口免疫療法とは、連日アレルギーの原因となっている食物を少量ずつ摂取していくことによって、原因となっている物質を食べることができるようになるというものです。負荷試験を行い、誘発症状が見られた場合、経口免疫療法の治療適用があると認められた患者にのみ、この治療法が実施されています。アレルギー内容としては、鶏卵や牛乳、小麦、ピーナッツにアレルギー反応が見られる患者が対象であるとされています。増量期、維持期、確認試験という流れを得て治療を行っていきます。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠の夏に食品が傷みやすい理由
夏季に食品が傷みやすくなる理由は温度と水分と酸素のこの3つが理由とされています。細菌は高温になるにつれて増殖していきます。腐りやすいのはこのためとされています。低温の場合では細菌の繁殖はできません。もう一つが湿度です。多湿は大好物です。湿度には水分が必要です。高温であっても乾燥しているところでは大丈夫です。真空状態では生物は生きてはいけません。だから酸素があるのです。細菌も生命の一つです。生命ではありますが人間にとっては命取りとされる生命です。食品は保存技術を使うことによっては菌から守り永年食することが可能です。塩蔵、寒干し、霊安室での保管などが考えられます。冷蔵庫も保管庫ではありますが、保管できる期間があります。そして補完する前に食品を冷ましてから保管しなければ意味は全くありません。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠のまな板の消毒について
まな板は、様々な食材に使用する調理器具ですが、定期的に消毒をすることが必要になります。多くの場合、毎回の調理の後に他の器具同様、洗浄する方がほとんどだと思いますが、これだけでは衛生面で不十分であると言えます。まな板は、様々な食材に使用します。その多くが加熱前の状態です。加熱前の魚や肉には、それぞれが保有している菌が付着していて、時間が経つと繁殖していきます。まな板に付着した菌は、繁殖を続け、食器用洗剤で洗浄しただけでは、完全に取り除くことはできません。まな板は定期的にキッチン用の消毒剤で除菌を行う必要があります。専用消毒剤を溶かした水に数時間浸けておくだけで済みます。この作業を怠ると、食中毒やウイルス性胃腸炎の原因になりかねず、大変危険です。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠の放射線ベクレルとシーベルトの違いは?
放射線のベクレルとシーベルトの違いは、人体への影響の度合いを表す単位を「シーベルト」といい、放射性物質が放射線を出す能力を表す単位を「ベクレル」と言います。例えばストーブに例えると、ストーブから放出される熱の総量を表す単位を「ベクレル」熱量を表すのが「シーベルト」と考えていただいた方が分かりやすいと思います。具体的にどういう場面で使うかと言うと、ベクレルやシーベルトはモニタリングで使われる単位ですが、ベクレルは主に食品や、水土壌の中に含まれる放射能の量を表す場合に使用され。シーベルトは、外部被ばくや内部被ばくで実際に人体が影響を受ける線量を表す単位です。ですので、ベクレルは「1キログラムあたり500ベクレル」と言うような使い方をし、シーベルトは「1時間あたり1ミリシーベルト」と言うような使い方をします。このようにベクレルとシーベルトの違いは、食品・水などに含まれる物なのか、人体に影響しているものなのかの違いと覚えて頂ければいいです。

 

妊婦 宅配弁当 妊娠の放射能の被曝を軽減する食品とは?
放射能被曝は被爆地から遠い地に住んでいるから安心というわけではありません。放射能を含む食べ物を口にすると体内で放射能の影響を受けます。放射能に汚染されていない食べ物を摂取しないのが一番ですが、なかなか難しいことです。放射能の被曝を軽減させるには高カリウム、高カルシウム食が放射能の吸収をおさえる働きがあります。高カリウムの食品にはパセリ、豆味噌、よもぎなどがあります。高カルシウムの食品は桜エビやプロセスチーズ、しらす干しなどがあります。吸収を軽減するだけでなく、体内に入ってしまった放射能物質をいち早く排泄することも大切です。ペクチンや酵素、水溶性食物繊維を摂ると良いでしょう。ペクチンや酵素、水溶性食物繊維はフルーツや野菜に多く含まれています。これらの食品を摂取して放射能の吸収を軽減し、排出することで放射能被曝のリスクを抑えましょう。